興津館

おきつやかた
  • 名称おきつやかた
  • 俗称・別名沖津の館、興津宗鉄館
  • 所在地-
  • 様式その他

平安末期藤原氏から分派し土着した興津氏が戦国期まで居住した館

平安末期藤原氏から分派し土着して在名をとって興津氏と称し、戦国期まで居住した興津氏(今川氏の国人)代々の居館跡である。
興津本町の「古(フル)御(ミ)館(タテ)」と称する地にある。現在は寺院の寺域となっているが、海岸部に向かって開いた谷地にあり、おそらく背後を山とした方形の館であったと推測される。遺構は消滅しているため、地形に面影を求めるにすぎない。
館跡とその周辺に「古(フル)御(ミ)館(タテ)」・「会下向」・「浅間前」・「西浅間」・「東浅間」・「山田」・「焼山」・「明神下」などの地名が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する