大谷の堀ノ坪

おおやのほりのつぼ
  • 名称おおやのほりのつぼ
  • 俗称・別名堀ノ坪
  • 所在地-
  • 様式平城

大谷川東岸に接する西大谷集落北の水田で発見された城跡

地籍名のみで、史実は伝わらず、詳細は不詳である。調査時に偶然発見したもので、地籍図上から見れば、城跡と推定される。
位置は、静岡平野東南、西大谷集落北の水田にあって、大谷川東岸に接する。現在、大谷地区土地改良によって全く失われてしまった。
整理前の台帳より見ると、大谷川側に字名堀の坪、新堀の坪があり、大谷街道沿いの馬場の坪があって、堀の坪の位置に、堀と推定される逆L字形の水田が見られる。これは大谷川に接続していたと思われる。また北側に新堀の坪がある事から、連郭ないし、複郭の要素も考えられ、比較的規模の大きい平城があったと推定される。
大谷川東岸に隣接して高松の神明神社があり、高松大屋敷との関連は、はっきりしない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する