大内館

おおちやかた
  • 名称おおちやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

鎌倉時代、土着武士大内小次郎が居住していたと伝えられている居館

鎌倉時代、土着武士大内小次郎が大内に居住していたと伝えられる。
遺構・古記録とも存在しないが、大内地内に御屋敷という古地名や中屋敷という小字名が残っており、館との関係が考えられている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する