海野屋敷

うんのやしき
  • 名称うんのやしき
  • 俗称・別名安倍館
  • 所在地-
  • 様式その他

ともに安倍井川住の郷士である海野氏および安倍氏の屋敷

海野氏及び安倍氏ともに安倍井川住の郷土で、『駿河記』及び『駿河志料』他の諸書に依れば、海野弥兵衛尉本定の時、安倍大蔵元真の女聟となり安倍井川の家督を継いだと云われ、以後井川七ケ村支配及び御巣鷹役、御茶壷預等に奉仕し幕末まで続いている。
屋敷地は、井川郷の中心地旧上田村の標高680mの山腹にあって、西側上段を県道が通っている。形は南北に長い方形状を呈しており、門跡部分に東西の道路が貫通し、道路南に沿って現在2分の1位が井川幼稚園となっている。南側斜面部上段に屋敷遺構と考えられる石垣の一部が残存する。
屋敷地東側上段(県道上)に大井山龍泉院があり、天正15年没と伝えられる安倍大蔵元真の供養塔及び海野氏歴代の墓塔がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する