上野城

うえのじょう
  • 名称うえのじょう
  • 所在地-
  • 様式平山城

和瀬川に半島状に突き出した丘陵上に位置していたと思われる城跡

上野城は、静岡市清水区由比北田の北方、和瀬川に面して南側に半島状に突出した標高30.9m余の丘陵上と推測する。現在城跡として何の伝承も残されておらず、遺構も認められないが、文献の記述や地形から調査していくと、この丘陵と推測するしかない。南端に北野天満宮が存するこの丘陵は、長さ約300m余、幅40~70m余で、上面は平坦で密柑畑となっている。後方は、新幹線が通って分断されているため、城域の確定はやや困難である。
しかし、丘陵の後方の密柑畑の中に、室町期のものと推定される五輪塔が数個存置されていることを考え合わせていくと、城跡として判断する資料にはなるだろう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する