石谷屋敷

いしがややしき
  • 名称いしがややしき
  • 所在地-
  • 様式その他

今川氏に仕えた安倍七騎の一人と伝えられる石谷氏の屋敷

石谷氏は室町時代今川氏に仕えた安倍七騎の一人と伝えられ、天正年間徳川家に仕え旗本になったといわれる。足久保の石谷氏はその流れという。(『駿国雑志』、『駿河国新風土記』、『駿河記』)
石谷屋敷は静岡市北部、安倍川の支流、足久保川西岸の神明原の山裾に立地するが、特別遺構はみいだせない。
現在、隣同士の石谷昭二・石谷清両家宅をその子孫と伝え、石谷清氏宅内の畑地の中に低石垣によって区画された平坦地が残る。またその上段部分に墓地が付属し、2基の一石五輪塔があって、戦国期以降のものと推定される。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する