飯田館

いいだやかた
  • 名称いいだやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

鎌倉初期に活躍した飯田五郎家義・五郎父子のものと考えられる館跡

鎌倉初期、石橋山の戦・富士川の戦で活躍が伝えられる飯田五郎家義・五郎父子の館跡と推定されている。
遺構はまったく存在せず、正確な所在地や飯田氏との関係を裏づける資料もない。
独立丘秋葉山の西裾に、上屋敷・的場矢口・札木・五反田の小字名や飯田の森・古府ケ原などの古地名があり、一応この附近に館があったのではないかと推定されるだけで確証はない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する