愛宕山城

あたごやまじょう
  • 名称あたごやまじょう
  • 所在地-
  • 様式山城

室町期に創築されたと考えられる今川駿府館防衛の一城砦

当城はこれまで、長沼砦と混同されて、長沼五郎宗政の居城と伝えられてきたが、全く記録がとぼしく、僅かに『駿河志料』、愛宕権現社の項に「又愛宕山より南にも、古城墟なるべき空堀の跡もあれど、守将の名は里人の伝もなくて、今に詳ならず」とあるのみで、明らかなことはわからない。
しかし、遺構の残存状況、地理条件から見て、今川駿府館防衛の一城砦として、室町期に創築されたものと考えられる。
愛宕山城は、静岡市の東北、谷津山の北端にある愛宕山標高90mの山上にあって、東方の眺望良く、北麓に北街道、南麓に東海道が走って、大谷道にも接する交通要衝地にある。
曲輪は山上稜線上に築かれ、南から北、西にのびる主尾根上に主要曲輪が築かれている。南・東方向は急崖を呈し、北側は支尾根4条が伸びるため、数段の曲輪と堀切によってこれを遮断し、西側の1条の支尾根にも数段の小曲輪を設けている。南側は谷津山に尾根続きであるが、比較的急傾斜のため2条の堀切と3カ所の曲輪が設けられるにすぎない。
南東側にある1段高い所がⅠの曲輪で愛宕神社本殿があり、東西30m、南北20mの規模をもつ。その周囲を帯曲輪状に曲輪が取巻きⅡの曲輪に続くが、南側は1段高くなっている。Ⅱの曲輪北側に桝形状の虎口が設けられている。また、Ⅱの曲輪の東側崖縁に巾10mの土塁状遺構があって、東南隅まで細い土塁が続いている。Ⅱの曲輪と西に伸びる主尾根上曲輪との間に1条完全な堀切がある。この西尾根上には数段の主要曲輪設けられるが、畑地開墾のため、遺構がある程度崩れており、中間地点に堀があったと想像される。
大手口はこの西尾根側、北街道に接する部分と考えられるが、先端部分岩ガ鼻が、静鉄団地造成によって削り取られてないため、明らかではない。この先端部分に造像年代不明で像高約1.5mの木造釈迦如来坐像が安置される釈迦堂がある。
搦手口は、現愛宕神社参道入口北側の字金鋳場坪、江戸時代当社別当福寿院跡地附近と考えられ、居館地の可能性も考えられる。この参道入口の近く、谷奥部に今川義元生母寿桂尼の菩提寺、竜雲寺がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する