相俣陣場

あいまたじんば
  • 名称あいまたじんば
  • 俗称・別名ジンバ山
  • 所在地-
  • 様式その他

文和2年、今川軍が土岐氏徳山城攻撃の際に合戦のあった場所

文和2年(1353)2月、今川軍が土岐氏徳山城攻撃の際、この地で合戦があったと伝えられる。(『静岡県郷土研究第4輯』)
土地で陣馬山と呼称される、相俣陣馬は藁科川上流、黒俣川と藁科川にはさまれた大峰山南西尾根、標高380mの尾根上にあって、川根・蛇塚を経て昼居渡に至る川根街道上に立地し、現在、東海自然歩道の休息所となっている。
遺構は全く確認できないが、藁科川下流域を眺望できる位置にある。
位置的には、川根街道上にあって、徳山城と連携する位置にあるが、鎌倉時代以来の道といわれ、川根・静岡を結ぶ重要幹線道として、人馬の往来も多く、市もたったと伝えられ、この地は「人馬」の休息の場所とも一説には伝えられる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する