土岐館

ときやかた
  • 名称ときやかた
  • 所在地-
  • 様式その他

徳山城の城主・土岐氏が居住していたといわれている居館

徳山城々主土岐氏の居館といわれているが、居館跡については不明。
徳山の森の段と呼ばれる台地上にあったといわれている。四方は大井川に臨み、三方は山に囲まれている。
森の段東端には五輪塔と、古いといわれる井戸跡がある。同所一帯を「堀の内」と呼んでいる。徳山城までは朝日山陣場を経て、およそ8kmの道のりである。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する