塩野塁

しおのるい
  • 名称しおのるい
  • 所在地-
  • 様式その他

下泉河内川を隔てて徳山城を臨む位置にあったとされる塁

沼館愛三氏によれば、梶山塁の尾根続き北東約400mの位置にある。標高747m。規模・遺構不明。同所より東に尾根を下ると「塩野」の地名があり人家が一軒ある。古くは「しょんのう」と呼ばれていた。同所より尾根を北東に約2km進むと朝日山陣場に至る。下泉河内川を隔てて徳山城を望む。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する