梶山塁

かじやまるい
  • 名称かじやまるい
  • 所在地-
  • 様式その他

独立した任務を持っていたとされる徳山城を守る砦の1つ

沼館愛三氏によれば、朝日山陣場から南西に伸びる尾根のコブ状の高所にあるとされている。標高約750m、朝日山陣場から約2.5kmほどの距離に位置している。同所は三段の平坦地を持つ。低位の二段はほぼ東西に帯状に広がり、いずれも100m×30mほどの広さをもつ。高低差は約1m。最上段は第二段より10mほど高く、40m×40mほどの広さを持つ。平坦地の西側は急崖となっている。
同所から東側に尾根を下ると「梶山」の地名があり、現在人家が1軒ある。『榛原郡誌』によれば、徳山城を守る砦の1つで、独立した任務を持っていたとされている。東方は下泉河内川をはさんで徳山城、四伝多和砦、峠下砦などを望み、北は土岐氏居館のある堀の内を望む。当砦のすぐ北東に塩野塁がある。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する