山崎城

やまざきじょう
  • 名称やまざきじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地袋井市山崎字城山
  • 様式平山城

物見台、狼煙台の適地にあったとされる城

岡崎城跡の南西約1.5kmに城山と呼ばれた舌状丘陵(標高約10m、比高8m)があり城跡と伝えられてきた。現在は削平されて跡形もなく、水田内に突き出た茶畑によって丘陵の平面形を知るのみである。
丘陵の先端は幅を増し、頂部は平坦であったと言われるが、平坦部推定面積は1,000~と小さく、遺構についての伝承も皆無である。
城山東、城山崎の小字名、丘陵(城山)上にオミサ屋敷の地名を残す。
物見台、狼火台としては適地であろう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する