馬伏塚城

まむしづかじょう
  • 馬伏塚城
  • 馬伏塚城
  • 馬伏塚城
  • 馬伏塚城

高天神城攻めの後方支援基地

  • 名称まむしづかじょう
  • 所在地袋井市浅名
  • 様式平山城
  • 遺構曲輪、土塁、虎口、堀切
  • 築城年明応年間(1492-1501)か
  • 関連武将小笠原某 小笠原春茂 小笠原氏興 小笠原氏助
  • 文化財指定袋井市指定文化財(史跡)

小笠原信濃守長高が初代城主を務めたと伝えられる城

小笠山の南西山麓の南側にのびた丘陵の先端部に築かれた馬伏塚城。築城当時は、尾根続きの北側部分を除いて湿地や沼に囲まれた、さながら浮島のような姿だったと推測されます。

続きを読む icon

馬伏塚城の初代城主は、今川氏親に仕えた小笠原長高で、天文13年(1544)に没したと伝えられていますが、真偽の程は明らかではありません。今川氏の家臣である小笠原氏一族は、馬伏塚城とともに高天神城の城主を兼ねていました。その後、徳川家康が武田氏に属していた高天神城攻めの前線基地として、天正2年(1574)に改修し、大須賀康高を入城させるまで、代々小笠原氏が城主をつとめていました。天正8年(1580)に高天神城攻めが本格化すると高力清長を城主とし、高天神城が落城した天正9年以降に廃城となりました。
江戸時代の絵図によると、南から順に、本曲輪を含む南曲輪群、本曲輪に匹敵する広さを持つ北曲輪群、そして北曲輪群と幅20m・深さ8mの大堀切で隔てられた伝居・屋敷曲輪が縦に連なっています。伝居・屋敷曲輪については、絵図では了教寺、若宮が描かれていて、馬伏塚城の城域かどうかは分かりませんが、曲輪の北側には西からの深い谷が入り込み、ここに大堀切があった可能性があります。ここまでが馬伏塚城の城域と想定すると、かなり広い曲輪となるため、大規模な兵力の駐屯や物資の積載場などの用途が考えられます。つまり、小笠山城をはじめとする高天神城攻めに使われた陣城の後方支援基地の役割を担っていたと見ることができます。

成り立ち

本城の初代城主は、小笠原信濃守長高と伝えられています。長高は天文13年(1544)に没するまで、今川氏親のもと、遠江国山名郡浅羽荘を領していました。長高の子春義は、福島上総介正成にかわって高天神城主となると、馬伏塚城主をも兼ねていました。その子氏清も今川氏に属し、馬伏塚城、高天神城両城主をつとめましたが、永禄11年(1568)今川氏に背き、徳川家康に転仕、翌12年に没しています。氏清は、はじめ馬伏塚天岳寺に葬られましたが、後、了教寺に改葬されました(『寛政重修諸家譜』)。徳川家康は高天神城が武田氏の攻撃で落城すると、天正2年(1574)に馬伏塚城を修復、武田氏に備えています。当時海岸線は現在より内陸にあり、高天神城に対し、重要な城となっていたと考えられます。家康は、天正8年(1580)に高力与左衛門清長を城主にすえましたが、天正6年(1578)に築造された横須賀城に次第に役割を取って代わられ、馬伏塚城の機能は失われていきました。天正10年(1582)8月、清長が駿河田中城に移ったことで、馬伏塚城は廃城となりました。

現在

城跡は小笠山丘陵の支陵が何本も南へ突出する、その支陵先端に位置しています。今城(イマシロ)と呼ばれる本城と、低湿地を挟んで約80m南方に存する小丘(出城)とからなります。従来、この出城を馬伏塚城と称してきましたが、むしろ今城が本城と思われます。
本城、出城とも宅地化が進み、城跡はその姿を大きく変えています。今城にあり「シロヤシキ」と呼ばれる石黒元氏裏庭には、北から西にかけて幅5m高さ1~3mの土塁が残り、土塁北側は堀切りとなっています。この堀切りから舌状丘陵先端まで約150m、丘陵幅は約45mで、城跡は南北に細長く狭くなっています。土塁以外に遺構は存在していませんが、堀切りから約90m南方の地点に、なだらかな丘陵には不似合いな段差が見られます(長さ約25m)。おそらく2~3の曲輪を南北に連ねた構造と考えられます。
出城は東西約140m、南北約80m、城跡中央を私道により東西に切断され、北方、西方も町道により破壊されています。城跡北縁には土塁(?)が残り、諏訪神社の北、東には堀切り状の遺構がありますが、北曲輪、東曲輪は現在削平されて茶畑となっています。「シロノコシ」と呼ばれる北に張り出した微高地を含めると、出城はL字形を呈しています。出城北側に井戸、その傍に五輪塔、宝篋印塔が数基みられます。
周辺には、端城(ハジョウ)、南堀(ミナミボリ)、西堀(ニシボリ)、堀田(ホッタ)、内堀(ウチボリ)、虎口(ココウ)の地名を残しています。また、城跡南方の現町役場周辺は市場(イチバ)、宿(シュク)と呼ばれています。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する