本庄山砦

ほんじょうざんとりで
  • 名称ほんじょうざんとりで
  • 俗称・別名本庄山
  • 所在地袋井市春岡字春日山
  • 様式その他

太田川を西に望む春日山の山頂に築かれた砦

古くから本庄山の所在地と伝えられる。太田川を西に望む春日山(標高約70m)の山頂に築かれた砦、物見台と推定される。山頂まではかなり急峻な地形を示し(比高約40m)、山頂平坦部(郭)総面積は約1,500~と小さい。
大正期からの茶園改植で旧地形は大きく変わり、現在ほとんど遺構を残していないが、独立丘陵北東端に郭状の平坦部(約30m×30m)があり、丘陵稜線にそって東方の一段低い平坦部(約25m×25m)と連結する。陵線北縁には土塁状の高まり(幅約2m、高さ約1m)が見られる。北東端平坦部への登り口には切り立った崖が南から縦堀状に入りこむ。
西麓を太田川にあらわれ、東方に深い奥谷田をひかえた春日山の自然地形は、砦、物見台の形成に有利であったのであろう。
城跡南方の小字天白は宇刈七騎の一人、村松武大夫館跡と伝えられ、その墓地も残る。
付近に数ケ所埋銭出土地があり、丸ノ内の小字名を残す。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する