堀越城

ほりこしじょう
  • 名称ほりこしじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地袋井市堀越字城山
  • 様式平山城

今川貞世を祖とする遠江今川氏の居城と伝えられる城

今川貞世(了俊)を祖とする遠江今川氏の居城と伝えられるが、当主と居住の時期は詳らかでない。今川氏の居城を見付城(磐田市)とする説も多く、見付、堀越を同一地点と錯覚した所伝もある。
城跡推定地は堀越内に3カ所ある。南西に舌状に延びた宇刈丘陵の支陵は、途中宇刈川によって切断されるが、城跡はいずれも宇刈川西方に残った丘陵南西端に位置する。『遠江風土記伝』には、今川仲秋屋敷跡として「郭中に海蔵寺を建つ、今背に山あり諏訪神を斎ぐ是丘は旧墟なり…所謂三国志の堀越古跡は是なり」とあり、現海蔵寺の裏山(標高34m)を堀越城跡としているが、急峻な丘陵ながらも、城跡を思わせる遺構は見られない。
近年水路工事により出郭の一部を残して削平された城山と呼ばれた丘は、よく城郭の形態を残していた。今確認はできないが、標高約20m(比高約15m)の主郭(25m×25m)の東方に空堀で断って一段低く東郭を設け、西方にも空堀と郭を築り出した東西に細長い城跡をかつて見ることができたという。現在残る郭(標高約17m、約10m×10m)は西郭の南に造られた出郭と推定される。他に城山の南西300mにある離山(標高約15m)を城跡とする説があるが、根拠は稀薄である。
天文6年(1537)貞世五代の孫六郎貞基が矢野小四郎に攻め滅ぼされたのは見付城であり(『天野文書』)、堀越城における遠江今川氏の事跡を伝える史料はない。堀越城の館としての性格によるものであろうか。
『遠江史蹟瑣談』には「…田中に城ノ腰、堀ノ内と呼べる地名ありて…」とあり、堀切りの小字名を残す。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する