久野城

くのじょう
  • 久野城
  • 久野城
  • 久野城
  • 久野城

久野氏が築城した平山城

  • 名称くのじょう
  • 俗称・別名座(蔵)王城、鷲之巣城
  • 所在地袋井市鷲巣
  • 様式平山城
  • 遺構曲輪、土塁、虎口、堀切、横堀、堅堀、井戸跡
  • 築城年明応年間(1492~1501)
  • 城主・城将久野氏 松下氏 保科氏
  • 関連武将久野宗隆 松下之綱 久野宗能 北条氏重
  • 文化財指定袋井市指定史跡
行きやすさ 行きやすさ アクセス詳細

戦国・織豊系・近世城郭と姿を変えた城

東海道から北側に展開する丘陵の先端部に築城された久野城。本間宗李軍忠状などの古記録によると、座王城と呼ばれていました。現在は公園整備が進み、散策路も設けられ、誰でも曲輪などの遺構を見ることができ、戦国期と織豊系~近世城郭の姿を同時に観察できます。

続きを読む icon

久野城の最初の築城者は久野家系図によると、久野宗隆とされ、宗能まで戦国期を通じて久野氏の在城が続いています。
徳川家康の配下となっていた宗能は、天正18年(1590)の家康の関東国替に従い、上総佐倉へ移封されました。代わって頭陀寺城主であった松下之綱が豊臣方の大名として入城。之綱亡き後は重綱が家督を継ぎましたが、慶長8年(1603)、城の石垣工事などの修築を幕府の許可なく行ったことを咎められ、常陸国小張へ蟄居、移封されました。再び久野宗能が隠居所として入城するも、病没したため慶長14年(1609)に孫の宗成が家督を継ぎ城主となります。久野宗成は元和5年(1619)、紀州藩主となった徳川頼宣の家老として従い、伊勢田丸へ移封となったため、代わりに徳川家康の甥にあたる北条氏重が入城します。氏重も寛永17年(1640)に下総関宿に移封となり、久野城は廃城とされました。
久野城の築城時期は、発掘調査で本丸から出土した遺物から、明応年間(1492~501)であることが分かっています。
戦国期の遺構の全体像はよく分かっていませんが、城の北側の防備の要となっている横堀と竪堀、櫓台、北の丸曲輪群は、徳川方の久野氏が天正9年(1581)まで武田氏が立て籠もる高天神城攻防戦の際に改修したものと推察されます。さらに、北の丸北側にあたるところには大堀切がありましたが、後世の改変のため、現在は失われています。
豊臣方の大名であった松下重綱は、織豊系城郭として瓦葺建物を本丸や大手門などを中心として配置し、久野城を大改修したと見られていますが、発掘調査によって北条氏重も大改修していることが判明したため、重綱段階の構造はよく分かりません。

成り立ち

久野城の創築期については詳らかではありません。久野氏の系図によれば、明応年間(1492~1501)に久野城が築かれたとあり、おそらく明応3年(1494)今川氏の遠江侵攻に際し築城されたものと推察されます。『本間宗李軍忠状』(文亀元年=1501)では座王城と呼ばれています。
出典:「静岡県の中世城館跡」

現在

城跡は太田川と原野谷川に挟まれて南に張り出した宇刈丘陵の南端にあり、舌状丘陵が複雑に入り組み、その先端がバチ状に開く自然地形をうまく利用して築かれています。総面積は約3万~と比較的小型の城郭といえます。
松下之綱が東方へ曲輪、空堀などを拡張したといわれ、創築時の姿をそのまま伝えているとは考えられませんが、標高約34m(比高約25m)の主郭を中心に、西から南へ一段低く西郭が形成され、西郭の先端は高見と呼ばれています。また北西に続く丘陵稜線を空堀で断ち切って北郭を造り出し、同じく空堀で断って東郭としています。
西郭西縁には40mにわたってよく土塁痕(高さ1m、幅2m)が残り、茶園改植によってかなり削られてはいますが、北郭から東郭にかけて帯状に微高地(幅約3m)が続き、土塁が築かれていたものと考えられます。水田の畦道によって堀の形が復元でき(幅約30m)、北堀は幅約15mと狭くなっています。東郭北端に縦堀を残し、西郭から主郭への登り口に径約2mの素掘りの井戸があります。高見の南、北郭西方の基壇状の高まりは建物の跡と推察されます。
城跡の小字名、北堀、南堀、西堀、東堀、大手、高見、東段下、主税屋敷、ゼンベイ屋敷、大倉屋敷等の地名が城跡周辺、かなり広範囲に残っています。城跡北方の急峻な丘陵地形や、この丘陵に建つ六所神社の棟札(天文4年=1535)に座(蔵)王権現の記載があることは、創築当時の城域が、今よりかなり北方にまで及んでいたことも想像させます。
出典:「静岡県の中世城館跡」

縄張図

縄張図

久野城跡概要図(作図:加藤理文、一部加筆)
出典;静岡の山城 ベスト50を歩く

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する