本坂居館

ほんざかきょかん
  • 名称ほんざかきょかん
  • 俗称・別名大月寺
  • 所在地浜松市北区三ケ日町本坂字向
  • 様式その他

後藤主流角兵衛が居住していたと思われる館

本坂居館跡は3カ所推定されるが明確でない。1つは、現在大月寺境内となっている。記録と合わないが土豪後藤氏一類の居住としてはふさわしいものである。
その遺構は大月寺を中心とした一郭で西側は崖で長さ80m、深さ15mで水田に接し北側60m石垣で囲い、南側に池あり北向きに傾斜し東側の南半を幅2m、長さ60mの堀で隔て内側に石垣あり、又郭の西側の高さ3m、敷10mの築山土居が50m位に亘っている。
その創始は本坂後藤氏関係の有力者に依るか。室町中期永正頃(1500頃)より天正18年(1590)まで約90年間存続したものと思われる。
江戸時代の延享2年8月(1745)郭内に大月寺が移遷建立されている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する