本坂居館

ほんざかきょかん
  • 名称ほんざかきょかん
  • 俗称・別名角兵衛屋敷
  • 所在地浜松市北区三ケ日町本坂字藤原
  • 様式その他

後藤一類の有力者・源兵衛のものと推察される屋敷

これは『随庵見聞録』に徴して推定されるのであるが、同記に「道の北村の東はずれ」とあるのに相当し、後藤主流角兵衛家居住地と思われるものである。
「角兵衛屋敷ハ道より北村ノ東はつれ楠有之」と『随庵見聞録』(延宝8年(1680)6月23日の条)にあり、現本坂区の共同墓地一帯地域と思われるも遺構を把握出来兼ねる現状である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する