日比沢城

ひびさわじょう
  • 名称ひびさわじょう
  • 所在地浜松市北区三ケ日町日比沢字城下
  • 様式平城
  • 関連武将後藤九郎真泰 徳川家康 浜名頼広

浜名地域西方防衛を担っていた日比沢後藤氏の居城と思われる平山城

本城は日比沢区の中央姫街道沿いに位置し、道より北100m程隔てた東西に連る丘陵上に、長方形に区切られた平山城である。3km程西方に本坂峠を控え、東方2kmに三ケ日市街を臨む要衝の地である。
その遺構は本東西の三郭より成る。本郭は東西120m、南北100mの矩形の郭で中央に殿舎の土壇50m四方が残る。東郭は15×25mのものと8×40mのものと二曲輪が残る。西郭は80m四方で現在削平されて畑地となっている。堀は本郭の西側から北側に亘り深さ5m、幅5mのものが150mに亘って残っている。また本郭の堀の内側に敷10m~5m、高さ3mの土塁が一帯に連っており西側に2カ所の入口がある。そして本城の西方並びに南方の低地一帯に現在も多くの住宅があり、根小屋の所在を推知される。又鍛冶場の跡が西方北寄りの城外にあるし、西郭南方平地へ下る地域を「城坂」と云う。大手の登り口である。本城所在当時には西に本坂後藤氏居館、東に三ケ日浜崎県氏居館、北東に岡本氏居館、東南猪鼻湖を隔て、主城である浜名氏の佐久城等が存在した。又日比沢の南方坂築山に板月神社、その麓に白山神社、城の西方に華蔵寺、晋明寺、りょう厳寺等の古刹があった。
本城は城主日比沢後藤氏が戦国末期(永正頃)より居城した遺構と思われ、同氏は浜名氏の附庸寺として、西方に本坂峠の嶮を押え、浜名地域西方防備の使命を果たしていたと思われる。この後藤氏は遠州後藤の嫡流で、その祖後藤九郎某は長享元年(1487)9月足利将軍義尚の佐々木高頼征伐に上洛参戦しており、恐らくこの人が日比沢城へ来住の祖と思われ、その跡目九郎真泰は、永禄3年(1560)5月今川義元に従い桶狭間合戦に義元と共に戦死している。そして次の佐渡守直正の時、永禄11年(1568)12月、徳川家康の遠州討入に際し、浜名頼広に追随して徳川軍に抵抗して本城に籠ったのであるが、翌12年2月遂に力尽きて浜名氏の佐久城と共に開城、寄手の戸田忠次の軍門に降り、以来徳川氏に内通した一門の本坂後藤実久の守るところとなり、天正18年(1590)家康の関東入りで廃城になったと思われる。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する