浜名総社神主屋敷

はまなそうしゃかんぬしやしき
  • 名称はまなそうしゃかんぬしやしき
  • 所在地浜松市北区三ケ日町三ケ日字鳥居
  • 様式その他

中之郷県氏歴代の中総社神主の居館

浜名総社神主屋敷は、三ケ日六区のうち上神明地区の「鳥居」と称する山麓を竹林で囲んだ台地上にあり現在畑地となり、遺構としては東側の山裾を区切っている土居がある。
居住者は中之郷県氏歴代の中総社神主として同社に奉仕した者、江戸時代は石見家或は加茂家として伝わった家の当主の居館であった。江戸初期に中之郷県氏は二家に分流し、加茂家、石見家として伝える家が神主となり、中之郷筑後家と称する家が総公文、祢宜となって明治維新へ及んだ。江戸初期以来は中之郷家は浜崎居館に居住した。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する