萩野城

はぎのじょう
  • 名称はぎのじょう
  • 所在地浜松市天竜区春野町筏戸大上
  • 様式山城

天野美濃守の居住していたと伝えられている山城

萩野城について『遠江国風土記伝』は、「古老曰ふ、天野美濃の住居にして天正二年敗ると」と記しているが、これは同城に関する唯一の文献である。天野美濃守が天正3年に熊切郷松下辺の領主である事は確実なので(「神社棟札銘」)、同城の存在を事実とすれば、天野一族の城となる。しかし、美濃守と時の惣領宮内右衛門尉藤秀との系譜的関係は不明である。
伝承地は筏戸より牧野に向う街道にあり標高360mである。明治8年の地籍図では所在地は大岩とある。街道の下に馬屋敷跡と呼ばれる7m四方の平坦地と縦7m×横23mの平坦地があるが、後者は大分崩土がある。又出入口に空堀らしきものがある。
伝承地は城にしては立地が悪く、今後の踏査を必要とする。熊切郷には尾上氏の所領が散在しているが(楠子・堀之内・牧野・田河内・葛沢等)、天野氏の所領もあった(石打・筏戸・松下等)。全くの推測だが、尾上氏は元来犬居山中の土豪ではなく宇苅郷近在の者で、天文初年の天野氏の反乱後、天野氏の所領の一部を得て犬居山中に移封されたのではないかと考える。とすれば牧野城の位置付も明確となる。つまり、尾上氏は天野氏の動向を監視する立場にあったのではないか。そこで天野氏は尾上氏に対抗する意味で、その所領に城を構築したのであろう。しかし、城の位置は検討を要する。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する