鵺代居館

ぬえしろきょかん
  • 名称ぬえしろきょかん
  • 所在地浜松市北区三ケ日町鵺代字上ノ段
  • 様式その他

佐久城を築いた浜名氏が居住していた館

鵺代居館は、鵺代区の北部一帯の平地より丘陵台地が想定され、地籍図「上ノ段、上ノ山、井戸尻、西カイツ、北カイツ、西畑、水附(ミナツキ)」などの地域と考えられる。域内に隣海院、八柱神社などがあるが、遺構不明。
この地域は平安末猪鼻氏居住の地と思われ、鎌倉時代には浜名氏歴代の居住地であった。南北朝初期浜名左近大夫清政来往、貞和2年都筑佐久城を築城移住すると伝えている。(『遠江国風土記伝』)鵺代の名称は源頼政鵺退治の褒賞として遠州贄代の里を与えられ、地名を鵺の代償として鵺代に替えたとの伝承があり、その伝承が実際に生きづいたのは江戸時代以来のことである。又上ノ段地域を南北に連ねるこの附近高台になっている地中に五輪塔を主とする中世の墓石が故意に埋没されていて開墾の時など度々出土する由、尚その地域は上ノ段から南方の平子(ヒラコ)の辺へ及んで居るとの事である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する