蜷原砦

になはらとりで
  • 名称になはらとりで
  • 俗称・別名皆原砦
  • 所在地浜松市天竜区二俣町二俣字皆原
  • 様式山城
  • 城主・城将依田信守 大久保忠佐
  • 関連武将徳川家康 依田信守 大久保忠佐

徳川家康が二俣城攻略のために築いた附城群の1つ

天正3年(1575)6月、徳川家康が依田信守父子の立て籠る二俣城を攻略するために構築した付城群の一つで、大久保忠佐が陣取ったことが『浜松御在城記』等に見える。
蜷原砦は二俣城と地続きの蜷原台地(俗称皆原台地)上北端に構築されているが、遺構等は現在、宅地造成その他の工事によって殆んど湮滅し、見るべきものがない。ただ北曲輪の一角に土塁状の起伏と天竜川に面して段状遺構が残っていて、僅かに砦の存在した痕跡を掴むのみである。
周辺に関連地名も存しない。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する