中千頭砦

なかせんどうとりで
  • 名称なかせんどうとりで
  • 俗称・別名観音岩、奥の院
  • 所在地浜松市北区三ケ日町宇志字大里
  • 様式その他

千頭峯本城の東の砦

中千頭砦は千頭峯本城より尾根伝いに1km東方俗称中千頭の旧真萱寺跡(現摩訶耶寺の前身)の辺を中心とした標高200mの尾根上を利用した東西400mに及ぶ大砦であったが、近年ミカン畑造成等で大半は消滅した。
その遺構は東西の二郭からなり、東郭は20m~100mの東西に連る長楕円形郭、西郭は15m~90mの郭で山の稜線上を削平したものであった。東郭の東方より南方へかかって堀割があり、また東西郭の南方に山麓へ向けて四段に亘る塁段があった。更に南方300m派生した尾根に3カ所の塁段がある。当砦の所在地は前記平安中期以前の真萱寺跡の土壇を利用した節がある。千頭峯本城の東の砦で本城落城以前に占領されたと思われ附近に迎城に改造された陣地の跡が数カ所検出されている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する