長岩砦

ながいわとりで
  • 名称ながいわとりで
  • 俗称・別名行者岩
  • 所在地浜松市北区三ケ日町只木字岩井
  • 様式その他

千頭峯本城の防備のために築かれた砦

長岩砦は千頭峯本城の北方300m程谷を隔てた地籍只木区の小字岩井の俗称長岩と称する尾根の西南に傾斜している谷合に築かれている郭で、塁段をなし、本城の井戸郭と相対している。井戸郭防備のためのものか隠郭の形式を採っている。その遺構は谷底より100m程登った処に東西30m、南北25mの楕円形郭を作り、それより30m降下して東西30m、南北20mの円形郭を配し、その下には順次近接した四段の塁段郭を配置している。第二段郭には寄石積あり、当砦の使命は本城北方岩井の谷間より井戸郭を登って搦手へ迫る敵を防備する為のものと思われ、上手の長岩より中千頭へ続く陵線には各所に見張所の削平陣地跡が認められる。砦の配置場所位置から考え本城落城の間近い頃まで防備を支えていたかと推測される。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する