土居城

どいじょう
  • 名称どいじょう
  • 俗称・別名大谷城、大屋城
  • 所在地浜松市北区三ケ日町大谷字土井
  • 様式その他

気賀庄の下司・大塚氏が構築したと思われる、四方を土井に囲まれた遺構

本城は大谷区の北部大谷川が東北方尉ケ峯の山麓で分岐している箇所の丘陵を利用して築かれた四囲土居を以て囲まれた遺構で、小字「土井」となっている。北方は池田(イケンタ)峠を経て只木へ通じ、東方は約1.5km南方を東西に旧姫街道が引佐峠を経て細江町気賀に通じている。その形状は東西約60m、南北約40mの長方形の郭で西北隅に高さ4m、馬踏4m、敷8mの土居鍵手に残り、それより東方へ70m幅10m、高1mの土壇あり旧土居の削平されたもの、南側には東西に60mの土壇あり、地名字土井と伝え、形式古く中世も初頭以来のものか、単郭にして城と云うよりも居館跡とするが適当である。
その構築者は気賀庄の下司大屋氏か、鎌倉初期より永禄末年まで存続し、大家末時(天福年間)、大谷正心(寛正年間)、大屋政頼(永禄年間)等の居住が推定される。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する