高岡城

たかおかじょう
  • 名称たかおかじょう
  • 所在地浜松市天竜区船明字高岡
  • 様式山城

南北朝時代、匂坂氏によって構築されたといわれている城郭

口碑によれば、南北朝時代に匂坂氏によって構築された城郭だというが、その事実を裏付ける史料は存しない。ただ城跡南郭に「匂坂様」と地元の人達が呼ぶ中世墳墓(五輪塔)があり、ある程度の関係と年代を推定するのみである。
高岡城は、二俣城の北3kmの地点に位置し、天竜川によって形成された河岸段上とその背後の山稜上に構築された平山城である。現在城跡には、南郭・北郭の二郭を中心に、若干の腰曲輪、井戸、堀切等の遺構が残るが、自然地形を利用した部分が多く、縄張りも比較的小規模な城である。
なお、附近には城田ケ谷、門ノ前、大コウジ、堀合、駒林、本屋敷、中障子等の地名が残り、旧秋葉街道も近くを通っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する