内裏

だいり
  • 名称だいり
  • 俗称・別名
  • 所在地浜松市天竜区龍山町大嶺
  • 様式その他

大峯大裏にあったとされる由支良親王の行宮所

『遠江国風土記伝』に、龍山村大峯大裏に由支良親王の行宮所があると記され、その伝えは、建武の世乱の時、吉野宮にある天皇の御子尹良親王が長野県下伊那郡浪合村において薨去され、のちに行宮所を建て祀たという。詳かではない。
大峯部落を約130m登った所に行宮所とよばれる所がある。樹林におおわれ遺構をつかむことは出来ない。この附近は段丘状のゆるい傾斜地となっている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する