千頭峯城

せんとうがみねじょう
  • 千頭峯城
  • 千頭峯城
  • 千頭峯城
  • 千頭峯城

本坂道と信州街道、押さえの山城

  • 名称せんとうがみねじょう
  • 俗称・別名城山
  • 所在地浜松市北区三ケ日町摩訶耶字城山
  • 様式山城
  • 遺構堀切、土塁
  • 築城年16世紀初頭
  • 文化財指定静岡県指定史跡

西方を頭とする、いわゆる鶴翼布陣型の代表的山城

名刹・摩訶耶寺(まかやじ)の東北裏山の通称センドウ山の山頂部を中心に築かれていた千頭峯城。浜松から本坂峠を越えて東三河に至る本坂道と、二俣から宇利峠を越えて新城に至る信州街道の両道が交差する要衝に位置しています。

続きを読む icon

千頭峯城は、山頂の本曲輪を中心としてT字状に伸びる尾根筋を利用し、街道を見下ろす南西側を正面として築かれています。
発掘調査によって、掘立柱建物と土塁基底部の土留めと推定される石列が検出されています。遺物は100点弱が認められています。大半がかわらけ・内耳鍋であることから、城内で生活していたことが分かります。これらは、西曲輪・二の曲輪西側部分から出土しているため、生活の中心が西側部分であったと考えられます。対して、東曲輪群からの遺物は極端に少ないことから、城の中心および生活域が、本曲輪から西曲輪に広がっていたと思われます。時期確定が可能な遺物は、おおよそ16世紀初頭のものであるため、この時期に利用されていたことは間違いありません。
また、記録によると本城は、南北朝期の暦応2年(1339)、高師兼に攻められて落城していますが、土塁や堀切、階段状の曲輪配置などの遺構を見る限り、戦国期に大きく改修されたことが判明しています。最高所から伸びる各尾根上に階段状の曲輪を設け、堀切によって遮断し、重要な曲輪に土塁を設ける特徴は、静岡県内においては永禄年間後半(1568年)頃の城に見られるものであるため、徳川家康の遠江侵攻以降の城と考えられます。

成り立ち

本城は、大福寺所蔵文書『瑠璃山年録残篇上』暦応2年(延元4年)の条に「暦応二年己卯七月廿二日為井責越後殿下大平ニ向給尾張殿浜名手向給カモヘノ城廿六日追落畢、同十月卅日千頭峯城追落畢、同次正月卅日ミタ□(ケ)城追落畢、同次年八月廿四日夜大平城□□□(追落畢カ)但當国守護新木殿落給...□月廿日井野臥大福寺ヘ乱妨ス」と記されてその来歴が知られ、遠江南朝軍の統領井伊氏が孤軍奮斗2カ年に亘り北党足利の大軍を引受けて活躍した遺跡の一つです。
その築城は元弘年間頃、井伊氏の一統井伊修理介藤原朝藤(相国寺供養記所出)の手に依るものかと推察されます。そして合戦の際、同氏と行を共にしたのは、地元中之郷の庄官県氏や神戸内地頭の大江氏等と考えられ、暦応2年(1339)7月下旬より足利方の高尾張守師兼軍や浜名左近大夫清政等の手兵に攻囲され、同年10月30日落城の悲運あったと推察されます。
なお、本城の縄張りが、今川氏の縄張りに類似していること等から、大福寺文書に出て来る、千頭峯城を、中千頭砦附近に求める考えもあります。
出典:「静岡県の中世城館跡」

現在

三ケ日町(旧東西浜名村)の中央名刹摩訶耶寺東北方の地籍城山、俗称センドウ山(標高137m)の頂上より山脚へ亘って位置している千頭峯城は、山麓を神戸川の渓流が洗い西方大手口は三遠国境の宇利峠に通じ、搦手口は尾根伝いに只木区の南部を通って東方風越峠を越して奥山井伊谷に連絡しています。
本城の遺構は大略四つの郭からなります。城山々頂を削平して本曲輪とし、その西北に腰曲輪を設け、その西方に西曲輪、本曲輪の東に三段に亘る東曲輪、本曲輪の南方に続いて隠曲輪を含む南曲輪を造っています。また、腰曲輪と東曲輪の中間北方に井戸曲輪があり、西曲輪の北方曲輪外に厩馬乗場と思われる平坦地があります。
堀は西郭と腰郭の間、東曲輪の先端等に堀割があり、土塁は腰曲輪の南西部、西曲輪の西から南に亘り、東曲輪の第一曲輪、南曲輪の隠曲輪の周辺等に散在しています。本曲輪の西北方約300mの山腹に塁段3カ所、石寄せ2カ所が散在しています。
つまり、本城は西方を頭とする、いわゆる鶴翼布陣型の代表的山城です。また、本城の南方摩訶耶寺背後の丘陵上に、二曲輪からなる根小屋々敷跡があり、乾山屋敷といい、主将の居館跡と推定されます。その他、城の南西方に木戸口、海戸、首塚、井戸尻、的場、隠尾等の地名があり、附属塁砦としては本城の北東南三方数百メートルを隔てた連峯上に鯉山砦、中千頭砦、池田峠曲輪、長岩砦等が在り、遠く西南方3700m程隔て、猪鼻湖口の西方本城山(標高135m)山頂には尾奈砦があって、南方浜名湖越しに東海道の往来を監視していたと考えられます。
出典:「静岡県の中世城館跡」

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する