小屋山城

こややまじょう
  • 名称こややまじょう
  • 俗称・別名伊平小屋
  • 所在地浜松市北区引佐町伊平
  • 様式山城
  • 関連武将鈴木石見守 井伊飛弾守

遠江攻略上重要な位置に築かれていた山城

『引佐郡誌』によれば、「霧山の地続きなる小屋山」にあり、「元亀3年(1572)武田軍数百騎山形三郎兵衛昌景を将として東三河地より入り、山家吉田の鈴木石見守を攻む、岩見守彼の地に利あらずして、井伊小屋城に退く、此に於て小屋籠城の将井伊飛騨守と相合して之に戦う。戦運拙なく両将士卒大手の合戦に討死したり」と記録されている。この大手が後の殿村館付近と言われる。しかし、城砦の遺構が不明確のため正確な位置がわからない。
伊平から仏坂を登り四方浄・田沢の村落を経て、三河山吉田へ通じる旧三信街道がある。霧山山塊はこの東側で、小屋山は標高300mほどの尾根と推定される。付近一帯は山林で、高圧電線の鉄柱が東西方向に並んでいる。また、推定地よりやや東側には、ほぼ同一標高地に水源地がある。伊平から東へ道をたどれば三岳城の裏側、川名部落へ通じる。
遠江の支配をめぐる武田・徳川両氏の衝突が激しかったのは元亀3年であった。三方原合戦の年である。三河と遠江の国境に近く、井伊氏支配の井伊谷への北方口に当ることから遠江政略上重要な位置と言えよう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する