古城

こじょう
  • 名称こじょう
  • 俗称・別名引間城
  • 所在地浜松市中区元城町
  • 様式平山城
  • 関連武将徳川家康

吉良氏被官巨海新左衛門尉が創築したと伝えられる今川氏の城

創築者、創築年代とも定かでないが、『宗長手記』の伝える吉良氏被官巨海新左衛門尉創築説が、もっとも穏当だとされている。その後、今川氏の支配下に入り、その被官たちが、代々城主を務めたであろうが、その中で記録に名を残したのは、小原肥前守と飯尾豊前守である。かれらは浜松庄と運命をともにしたといえよう。
現在、市内元城町の東照宮境内を含む一帯が、浜松城の古絵図等に「古城」と記された部分に当る。『浜松御在城記』は、この古城を引間城の跡と考えている。浜松城の古絵図では、楕円形の曲輪を四つ並べたように表現されており、それぞれ土壘で囲み、全体を北へ向う丘陵から切り離すように、南辺に堀を備えた構えである。また、現在、東照宮を祀る郭には、さらに一重の堀を配している。これらを現状について見ると、ほとんど住宅が並び、城の趣はほとんどないが、この部分は周囲から隔絶され、一段と高くなっていて、ここを独立したひとつの城と見ることは充分可能である。ずいぶんと改変されているであろうが、現状は、基本的には当時の状況を伝えているとみるべきである。しかし、東辺の二重堀と北から西にかけての堀は、徳川家康によって築かれた、浜松城の外堀として後に掘削されたものと思われる。従って、引間城当時の大きさは、東西125m、南北150mほどの規模であったと推定される。
城の北側と西側は低湿地で、北を池川が流れ、東北辺で鍵形に曲流している。これはおそらく条理制の名残りと思われる。南側一帯は、浜松城の縄張りに入っていた。ただし現況はいちぢるしく改変されている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する