倉屋敷

くらやしき
  • 名称くらやしき
  • 所在地浜松市天竜区佐久間町佐久間字城越
  • 様式その他

中部水巻城の米倉のあった所とされる建物

倉屋敷は伝承によれば中部水巻城の米倉のあった所だという。この倉屋敷が敵によって焼落されることによって水巻城の落城を早めたといい、屋敷跡を掘ると、焼米や鉄砲玉のようなものが発見される。
倉屋敷は佐久間町佐久間にあり、標高400mの高さを持ち、屋敷跡からの展望は勝れ東北から南西まで望める。屋敷の広さは500㎡ほどの広さを持ち屋敷の南北にある谷は深く切れこみ要害の地である。屋敷から山づたいに道が残っており、これが水巻城と結ぶ道であったという。屋敷跡の附近の字名を城越というのは注目していいだろう。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する