奥山屋敷

おくやまやしき
  • 名称おくやまやしき
  • 所在地浜松市天竜区水窪町奥領家小畑
  • 様式その他

奥山金吾正定則を始祖とする奥山氏の屋敷

奥山氏の始祖は奥山金吾正定則という。(奥山由緒書)また『寛政重修諸家譜』には大膳亮良茂(山住神社棟札に見える)を始祖とし、四代を茂近、以下茂政を経て茂清の代に甲府の徳川網重に仕え「先祖は代々遠江国葛郷に住し」とある。茂政の三男茂辰は山住権現神主奥山伊豆守茂清の養子となり水窪に住むことから、あるいはこの末裔が近世において奥山郷(五カ村)を統轄していた公文大庄屋奥山氏につながるものであろうか。
屋敷は、東向きの緩傾斜を切り開き居館を造っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する