奥山城

おくやまじょう
  • 名称おくやまじょう
  • 所在地浜松市北区引佐町奥山
  • 様式山城
  • 関連武将井伊直盛

土豪・奥山氏の戦時用の山城

奥山方広寺北方300mの山中、標高200mの山頂を中心に築城された、土豪奥山氏の戦時用の山城である。奥山館と混同していると思われる文献もあり、城史について不明な点が多い。延元元年(1336)宗良親王が入城し、南朝方に属する。また、1371年には朝藤によって方広寺が建立された。興国元年(1340)の北朝方の攻略によって三岳城が落城した際には、宗良親王を擁して、井伊氏と共に戦い、敗れて親王は安倍城へ退いた。また、永正11年(1514)曳馬城主大河内貞綱ら反今川挙兵の際、井伊直盛も同調。しかし、朝比奈泰以に三岳城で敗れた井伊氏はこの奥山城へ逃れたと言う。
井伊谷より奥山道を西へ、奥山館跡を過ぎて、東北約2kmの奥った所に方広寺がある。その北の山中に主郭東西80m、南北70mのほぼ方形の曲輪が奥山城跡という。しかし、現在は北側陣座川側からの砕石採取場の採石が進み、山頂近くまで迫り、垂直な崖が100mの高さにおよんでいる。そのため、城跡の半分はすでに破壊されていると思われる。方広寺側(西・南)には山麓をとりまくように幅50~60cmの溝がめぐっている。その溝は北方へ山の鞍部を切って砕石採取場側の谷へ降りていく様子がある。この溝が空堀の名残りであるかも知れない。
山全体が砦のような天然の要害である。城の西南側は奥山氏の本拠、東、陣座川側は遠江と三河を結ぶ新城道を望む位置にある。平時の居城と言うよりも、戦時のときのみ籠る砦的な城であったと考えられる。また方広寺自体が場合によっては城的性格を荷なっていたのではないだろうか。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する