小川城

おがわじょう
  • 名称おがわじょう
  • 俗称・別名鳥手山
  • 所在地浜松市天竜区佐久間町大井字仙戸
  • 様式山城
  • 城主・城将今川氏真
  • 関連武将奥山兵部丞 今川氏真

奥山氏の一族・奥山兵部丞・左近将監父子の居城

小川城の築城の年代は明らかではない。小川城の城主は奥山氏の一族奥山兵部丞、左近将監父子の居城であった。兵部丞父子は大井瀬尻を領していたが、総領家奥山大膳亮に所領を押領され犬居の天野氏をたより犬居に居住し天野氏の寄子となったようである。永禄11年であろうか、今川氏真から本領の替地をうけている(阿波国古文書)。この前年兵部丞父子は今川氏より中尾生城の普請を命ざれている(水窪奥山文書)ことから犬居から中尾生に居を移したのであろう。
『遠江国風土記伝』には小川城は仙戸にあると記されている。しかしその位置は明らかではなかった。仙戸の山中から鮎釣にかけ東から西に伸る尾根があり、尾根の最も高い峯の平の南西に物見石という地名があり、ここに直立した大きな岩がある。この峯の平から約180m下った附近を取手といい、尚25m下ったところに立岩、取手という字名がある。この両所からの展望は北東から北西にかけて開け、水窪町の山々が望める。城にまつわる地名は発見されたものの、城跡を示す遺構は発見できなかった。この峯の平の近くを春野町勝坂へ通ずる道や、大滝から上平山を通って秋葉へ通ずる道のあること、また仙戸部落にかってオヤカタと称する屋敷が存在したなど、小川城跡としての位置づけも可能ではないかと考える。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する