岡本居館

おかもときょかん
  • 名称おかもときょかん
  • 俗称・別名岡本城
  • 所在地浜松市北区三ケ日町岡本字大門戸
  • 様式その他

三河・遠江国境を要する要地に位置している方形郭の館

岡本居館は岡本区の北方国道新城線(俗称三州街道)が北原の台地を右折して降下する地点、小字大門戸(オオカイド)に位置している方形郭で、西北方の平地は肥沃な水田地帯であり、街道西側に沿って宇利山川が南下している。当郭は三遠国境を擁する要地である。
その遺構は方50mの正方形の郭で、現在は東南隅の土居を崩して入口としているが、旧木戸口は東側中央、現在細く窪んでいる処と推定、東側土居外に幅3m、深さ2mの堀が40m位残り、北側の竹林は深さ10m以上の自然堀、また郭の外西南方の竹林も深谷をなし堀として使われたと思われる。郭の四囲は高さ3m、幅3mの土居で囲まれている。また本郭の西方より西北へかけて土居敷より5m下って楕円形の平坦地あり、本郭附属施設があったと思われる。この郭一帯の小字名は大門戸(オオカイド)となっており、俗称岡本城、城下など云っているが、その遺構形式から見て居館の規模は大きいと思われる。
次に居館周辺の状況を覗うと館地南方は浜名神戸岡本郷で人家密集し、この地方の中心市場を形成していたと思われ、寛正の浜名神戸検畠日記(神宮文庫本)によっても桑荢麥等が盛に栽培取引されていた事がわかるし、館地より数百米南方にある神機織殿の存在からしてもこの地域の機織業の盛大さが覗える。
かゝる地域的状況からしてその支配層土豪の據点が生ずるのは当然であり、郷名を称える岡本氏の登場があるのである。すなわち居館主岡本氏は浜名神戸下司庄官として平安鎌倉記以来の存在と思われ、本姓県民にして上古以来の浜名県主の分流の一つである。明確に岡本居館に於ける同氏の存在を確認出来るのは寛正元年(1460)ころより永禄末年(1570)頃まで約110年位であり、岡本四郎左ヱ門尉、全七郎太夫(以上寛正年代)、岡本新三郎信久-後安形源左ヱ門尉と称する−(永正年代)等であるが、同氏はそれ以前よりこの居館を中心として中世末までその庄官としての使命を果したと思われ、その末期には今川氏の被官松井氏(二俣城主)の名子としてその輩下にあった。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する