大屋金太夫屋敷

おおやきんだゆうやしき
  • 名称おおやきんだゆうやしき
  • 所在地浜松市北区三ケ日町大崎字南平
  • 様式その他
  • 関連武将大屋金太夫頼次

浜名氏の一門で弓の名手と伝えられる大屋金太夫頼次の屋敷

大屋金太夫屋敷は、大崎区の半島南西部浜名湖に面した丘陵上にあり、佐久城の南方見張所としての使命もあったと思われる。現在柑橘園になっている。遺構の見るべきものがないが通路とその土壇区域は地籍図にもはっきり察知される。此処は永禄天正中浜名氏の一門大屋金太夫頼次が居住し(『遠江国風土記伝』)、同氏は聞えた弓述の名手であった事が『武徳編年集成』に載せられている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する