取手山

とりでやま
  • 名称とりでやま
  • 所在地湖西市入出字取手
  • 様式その他

眼下に入出内浦湾を望む、宇津山城の砦

取手山は砦から変化した地名で、宇津山城の砦があったところという。
宇津山城から南西方向約1.5kmで標高20mの丘陵上に位置し、当時は眼下に入出内浦湾を望んでいた。本城との連絡路は丘陵の尾根道を利用したようである。昭和23年の入出内浦湾干拓によって丘陵先端部の採土がなされ半壊状態になっている。遺構等は不明である。関連地名として取手・取手下が残っている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する