角の城

かくのじょう
  • 名称かくのじょう
  • 俗称・別名薬師山城
  • 所在地湖西市大知波字南田
  • 様式その他

宇津山城の隠れ城

『知波田村誌』などによると宇津山城の隠れ城であり、城というより居館であったと推定される。永禄11年(1568)宇津山城落成により角の城も滅びた。
三遠の国境弓張山脈より南東に延びる山稜中腹部の標高45mに位置する。左右二つの曲輪に分かれ、その間に幅15mの空濠がみられ、曲輪には低い土塁をめぐらしてあったものと思われる。しかし、昭和40年代の開発事業により破壊され、消滅した。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する