武衛原館

ぶえばらやかた
  • 名称ぶえばらやかた
  • 所在地菊川市東横地字武衛原
  • 様式その他

遠江守護「斯波武ヱ殿」が横地での滞在先と思われる館

牧の原の支葉の丘陵が、菊川の沖積平野に向って突出した段丘上にあり、尾根づたいに横地本城まで500mの地点にある、約9,000㎡。
『東寺執行日記』によれば、嘉吉元年(1441)今川氏遠州横領の件により、斯波持種が今川を押えるため駿河に下向すとあり、当時管領であって遠江守護を兼ねた「斯波武ヱ殿」が、横地に滞在したであろう事は容易に推察できる。庭園跡といわれる地は第2の土塁の北外側にあったが、戦時中に食糧増産施策により芋畑となり消滅。この東側に赤坂という地名がある。伝承によると、横地落城の時、東の坂が赤くやけて見えたというのでその名が起ったという。武ヱ原の居館の火災によるものであろう。
遺構は東の土塁(第2土塁)高さ約2m、長さ40mで、東外側に深さ約2mの空堀があり、南北両端を谷に落す。丘陵がもっともくびれた処である。これより西方約150mで第1の土塁に到着する。高さ2m、長さ40mで、中程が2m程土塁が切れ、木戸口があった。さらに土塁の前を空堀とし、通路を土橋に造ってあったが、開墾によって消滅した。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する