火剣山砦

ひつるぎさんとりで
  • 名称ひつるぎさんとりで
  • 俗称・別名叶薬師山、叶薬師、火剣山
  • 所在地菊川市東富田字叶薬師
  • 様式その他
  • 関連武将徳川家康 武田勝頼

武田方の諏訪原城に対抗するために利用された徳川方の砦

天正元年、武田勝頼が遠州高天神攻略の足場として諏訪原城構築の際、徳川方の砦として名が出てくる。以後天正3年諏訪原城が落城するまで、徳川方の砦として利用された様である。『高天神戦記』地元の伝承によれば、主郭より東に降った広段に木製の擬砲を据えて諏訪原城を威嚇したという。又、砦より南東の山を萩段といい、武田の陣があったといわれている。
砦は城飼郡の最北端にあって、郡下一の高山、標高270m、三角錘状の自然の要害で、約11,700㎡の内、山頂部とこれに連なる尾根250m×150mに遺構がある。山頂主郭は東・北・西の三方に土塁を巡らし、南西に向って下方2段に郭を造る。北西にのびた尾根は(三郡山を経て佐夜の中山に通ず)堀切3カ所。諏訪原に向い東にのびる尾根は、堀切1カ所、段11段を持ち、先端は沢に落す。頂上より50m程降った北ノ谷に井戸がある。東海道の菊川の里まで1km、東海道の前身色尾道の松島まで700m、城飼と金谷を結ぶ旧金谷道が砦の東麓を通り、佐野、城飼に入る交通路の集約された地であり、諏訪原を見おろし、高天神城はもとより遠州灘を一望出来る要所である(三(ミ)郡(ゴオリ)山(ヤマ)は榛原、佐野、城飼、三郡の接点にあたるのでその名がある)。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する