高田大屋敷

たかだおおやしき
  • 名称たかだおおやしき
  • 所在地菊川市下内田字水落
  • 様式その他
  • 文化財指定国指定史跡

小笠川と菊川の合流点近くにある、郡ノ惣政所道明のものと推測される屋敷跡

小笠川と菊川の合流点近くにあり、西に古川神社が堀を隔てて接し、掛川よりの秋葉街道(信州街道の延長)が南下している。東500mで大須賀より金谷道と接する(奈良野馬次宿)要所にある。昔から小笠、榛原、掛川では、段平尾を中心としたこの地方を「グン」と云う。『遠江国風土記伝』によれば「軍団の跡で、平尾に構がある」「城飼郡の道程は平尾八幡社を基点として計る」とあり、政所の小字が残り、内に王之内の小地名がある。
門屋高松神社文書に、社領安堵の発令者として、郡ノ惣政所道明の名があるが、この屋敷跡と推定する。
面積6,500㎡、周囲の高さ2m程の土塁をめぐらし、北、西、南を水堀としている。地名で水落とある通り低地帯で、川よりの水路を堀としている所から、舟便による水路のおさえであり、又、この南の「操(グリ)」一帯は水利の悪い所であるので灌漑も考慮に入れる必要がある。(屋敷の西南隅に宝篋印塔を祭る)

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する