赤峯屋敷

あかみねやしき
  • 名称あかみねやしき
  • 所在地菊川市東横地字赤峯
  • 様式その他

真偽不明ながら、横地氏の家来・赤峯小太郎のものと思われる屋敷

丘南史に横地氏の家来として赤峯小太郎の名が出てくるが、真偽の程不明。
南の菊川市丹野に通ずる古道が峠を通っているが、道の両側殆んどが赤峯で、坂口の西側に小太郎の地名がある。丹野境の小高い処がのろし台の跡といわれ、物見番の屋敷がこの中腹にあったといわれている。雨堤ノ谷から堀切状の旧道を登ると35m×50m程の平坦部があり、土地のものは屋敷跡ではないかという。さらに東に一段高く登りつめると、北に向って50m×50m程の段状の平坦部2段があり、下段の前面と東側に土塁状の高まりがある。西側は段状の尾根が4段程、谷に下る。何れも確定ではない。ここから150m程東北に、三角山がある。海抜109.6m、「物見の松」といい赤峯附近で最も高く、真北に横地城を見おろす事が出来る地点である(城より9m高)。これから真北に向って尾根を降ると、60m先に堀切、空堀、土塁、段構の遺構がある(20m×40m)。さらに北に70m進むと「蛇松」という突出した尾根があり、降り切った処に鍋沢口、城下、的場ケ谷がある。本城から百合切ののろし台は見えないので、中継点としても重要な所である。赤峯の台地は、横地の防衛上重要な所であるが、屋敷跡については未確認である。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する