水垂城

みずたりじょう
  • 名称みずたりじょう
  • 俗称・別名真昌寺城、城山
  • 所在地掛川市水垂
  • 様式山城

中世城郭の遺構をよく残している山城

初馬川の左岸、「城山」と呼ばれる標高100mの山頂一帯に築造されており、中世城郭として遺構を比較的よく遺している。『掛川誌稿』には「別所の山上に城山と呼ぶ所あり」とみえる。城は主郭のある標高100mを最頂部として東西450m、南北150mの規模で、細長い尾根上にいくつもの曲輪を配置している。水田との比高は53mである。主郭は東西35m、南北45mほどの規模で北西側に土居の一部が遺存している。二ノ曲輪は主郭の西側に築造され、規模は東西25m、南北20mほどで、南側と北側に腰曲輪を配置している。西曲輪は二ノ曲輪西側の幅8m、高さ10mほどの堀切を隔てて細長い尾根の西端部に位置する。南曲輪は主郭の南側の堀切を隔て造られて、北出丸は西曲輪の北側に配置されている。居館は西曲輪の西側、真昌寺境内とみられ、東西45m、南北40mである。また城から東方へ細長い尾根を150m行ったところに平坦地があり、小曲輪を築造し、防備を固めている。城跡周辺には「別所」「小者ケ谷」「殿道」「谷別当」などの地名を残している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する