河田砦

かわだとりで
  • 名称かわだとりで
  • 俗称・別名河田村ノ附城、独鈷塚
  • 所在地掛川市長谷
  • 様式山城
  • 関連武将朝比奈泰朝 今川氏真 徳川家康

家康が築いた附城

河田砦は、永禄11年(1568)、徳川家康が今川氏を攻めるため、掛川城周辺に築いた附城の1つである。『武徳編年集成』永禄11年極月条には、「桑田村ニハ酒井忠次、石川家成柵ヲ結テ守リケルガ・・・・・・」とみえる。
砦は倉真川が長谷附近で、その流れを西へ変える左岸の標高50m前後の北から西への鍵形にのびる細長い尾根上に築城されている。砦は尾根を削平して小曲輪を配置している。東側は南側に堀切を設け、西側は逆川で防備を固めている。砦は衛生センター、開墾により変形している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する