天王山砦

てんのうざんとりで
  • 名称てんのうざんとりで
  • 所在地掛川市下西郷
  • 様式山城
  • 関連武将徳川家康 今川氏真

掛川城攻めのために築かれた砦

永禄11年(1568)、朝比奈泰朝の守る掛川城に逃れた今川氏真を攻めるため、徳川家康が掛川城周辺に築いた砦の1つである。掛川盆地北端の初馬川と水垂川の間を南にのびる尾根先端部の旗指と呼ばれるところに位置する。
砦は標高56m前後の龍尾山の北側で東西250m、南北300mの規模である。南側は堀切で尾根分断し、南からの備えとしている。北側から西側にかけては初馬川の浸蝕により急崖となっている。砦は畑地などになって変形している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する