矢本山砦

やもとやまとりで
  • 名称やもとやまとりで
  • 俗称・別名耳付砦
  • 所在地掛川市上土方嶺向
  • 様式山城

高天神城の北に築かれた砦

本砦に関する記録はないが、『高天神城戦史』に「天正8年11月12日橘谷口の附城、隍塁を補修…」とあり、この附城が矢本山砦及び林ノ谷砦を指すのか判然としないが、本砦の築城は今川氏により高天神城同期の構成要件をそなえている。
高天神本城北にあり、標高124mの矢本山を中心とし、東西に伸びる尾根及び舌状台地を砦に構築、猿田の谷から矢本山に登る谷戸部に90m程度の陣館が段階的に設けられ、山腹に添って周囲は波状階段式曲輪で防禦されている。矢本山櫓台より尾根添に幅2.0mの武者走を設け、萩原口に連結され、尾根の頂部はそれぞれ円形に削平、櫓郭を併設されている。この波状階段式曲輪上部の90m地点の先端櫓台は2ケ所に設け、登口は幅1.0mの細い通路で盛上式となっている。また矢本山先端部に接する舌状台地にもそれぞれ段階的に曲輪を設けてある。
築城方式は高天神城と同じ放射状作りである。本砦附近を谷本、猿田という。小字は馬場、根古屋等の地名がある。高天神城谷口の北に当る。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する