三俣殿屋敷

みつまたどのやしき
  • 名称みつまたどのやしき
  • 俗称・別名木村館
  • 所在地掛川市三俣
  • 様式その他
  • 関連武将木村長兵衛

天正2年高天神城落城後、横須賀組となって大須賀の武将として働いた木村長兵衛の屋敷

木村長兵衛は天正2年高天神城落城後、横須賀組となり大須賀の武将として働き、後年紀州家に仕える。長兵衛が元亀、天正年間三俣村を領有したときの屋敷跡である。
南北40m、東西40mの屋敷内となっている。かつて土塁で囲まれていたと思われるが、現在西側の竹やぶの中に僅かに残っている。
西側三井山城より約1.0kmの砂丘を切崩した屋敷群内にある。附近に陣街道あり、現在この屋敷を殿屋敷、または殿海戸とも呼ばれている。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する