本郷城

ほんごうじょう
  • 名称ほんごうじょう
  • 俗称・別名原氏古城、本郷館
  • 所在地掛川市本郷
  • 様式その他

長福寺一帯と東側の谷を隔てて配置された館からなる、原氏の古城

本郷城は『掛川誌稿』には「古城と呼ぶ所あり、構塁の遺趾尚存す。其上を上山と云(中略)原氏累代の古墟にして…」とみえる。
城は主郭である長福寺一帯と東側の谷を隔てて配置されている館から成る。
館は河岸段丘上中央部に東西50m、南北100mの規模である。周囲には幅6mほどの堀をめぐらし、東側上段と南側の下段に曲輪を配置している。曲輪の東側は南北にのびる尾根を利用した曲輪と谷で、南側、西側は崖となっている。遺構は畑地・宅地となり変貌している。城跡周辺に「古城」「古戦」などの地名を残している。

上記は「静岡県の中世城館跡」(1981年・静岡県教育委員会発行)をベースに、
2010年8月現在確認がとれた情報について、加筆・修正を施し作成しています。

コメントする

このお城を共有・登録する